​学会概要

当学会は一般財団法人 UNI H&H大学院の創業者の伊禮先生が開発された瞑想、音楽療法の研究、臨床エビデンスデータを構築し、健康分野、教育分野での応用、普及活動を目的に設立されました。

心地良い音、自然のゆらぎ、倍音、高周波を聴くことが脳や人体に良い影響を与えるということは少しづつ科学的にも解明されてきていますが、まだまだ認知は進んでいません。

AI・データ社会において電磁場の影響で脳機能の低下、人間力の低下が危惧されるデジタル時代に入り、病気になってからではなく、病気にならない脳の機能の改善、未病改善、予防医学の時代に入ろうとしています。


瞑想、音楽療法を深く学ぶことにより、医学、科学的な分野での効果、効能や臨床的な分析のみならず、広く健康・医療分野、教育分野など様々な分野の学識経験者(医師、博士号、修士号、及びそれらに準ずる能力を有する方)を当学会の研究者とし、各分野の賛助企業様のご参加により、科学研究と生活の質の向上を追及する事で現代のパラダイムを超越するような革新的な成果を通じて、人類の知恵の向上、心と体と魂の健康、幸福・繁栄に寄与する事を目的としています。

運営法人

​一般財団法人 UNI H&H大学院

特別賛助会員

株式会社ESP VIRGIN

株式会社ハッピーマン

正会員

一般社団法人 ESP SAMURAI

特別研究員(フェロー)

和合治久 理学博士

(埼玉医科短期大学名誉教授)

高橋 徳 医師・医学博士

(ウィスコンシン医科大学名誉教授)

大山良徳 医学博士

(大阪大学 名誉教授)

和合 治久(わごう はるひさ)

理学博士・免疫学博士

埼玉医科大学短期大学 名誉教授(2017年4月~)

(父・和合正治は元・松本市長、全国市長会副会長歴任、サイトウキネンフェスティバル設立に貢献)

<プロフィール>

1950年長野県松本市生まれ。東京農工大学大学院修了後、京都大学にて理学博士取得。

埼玉医科大学短期大学教授・学科長・学長補佐、埼玉医科大学保健医療学部教授・初代学科長を経て、

現在、埼玉医科大学短期大学名誉教授、前・埼玉医科大学教授。専門は比較免疫生物学、免疫音楽医療学で、

人間を含めた動物の健康維持機構を研究。

 

中国・長春中医薬大学客員教授、首都大学東京および尚美学園大学で講師を兼務。

国際個別化医療学会顧問、日本臨床検査学教育学会理事、日本臨床音楽研究会理事、日本作家クラブ評議員、公益社団法人「虹の会」理事、「ふるさとテレビ」顧問、日本アゼルバイジャン協会理事などを務める。

これまでに、国際比較免疫学会アジアオセアニア会長、日本比較免疫学会副会長などを歴任。

東京農工大学、東京都立大学、御茶ノ水女子大学、名古屋大学大学院、弘前大学、早稲田大学、放送大学大学院、

新渡戸文化短期大学などで非常勤講師を務めた。

受賞歴に、文部大臣賞、日本応用動物昆虫学会賞、日本臨床検査学教育学会精励賞などがある。

各地の講演のほか、テレビ、ラジオ、医学・健康雑誌等で活躍する一方、日本各地で音楽セラピーコンサートを開催し、

治未病活動を推進している。座右の銘は「人生に逃げ場なし」。

大山 良徳(おおやま よしのり)

大阪大学名誉教授 医学博士・医師

<プロフィール>

1972年に京都大学助教授、77年大阪大学教授を経て、94年に大阪大学名誉教授、第9回日本健康科学学会会長、全国健康増進会会長などを務め、健康科学の権威として知られる。

主な著書に「学校保健の統計学」「学校保健用語辞典」「健康情報科学」「発達運動生理学」「体力づくりと身体柔軟性」などほか多数

高橋 徳(たかはし とく)

ウィスコンシン医科大学 名誉教授・医学博士 

統合医療クリニック徳院長 医師・鍼灸師

​<プロフィール>

1969年 岐阜高校卒業

1977年 神戸大学 医学部卒業

1977年~1988年 西宮市 兵庫医大第2外科 研修医・助手

1988年~2000年 米国 ミシガン大学 ポスドク・助手

2000年~2007年 米国 デューク大学 准教授・教授

2008年~2018年 米国 ウイスコンシン医科大学 教授

2013年~2016年 統合医療クリニック 高橋医院 (岐阜県安八郡) 院長

2015年~ 明日の医療を考える会 -ミモザ岐阜ー 代表

2016年~ 統合医療 クリニック徳(名古屋市中区栄)院長

2016年~ 東北大学・岐阜大学・佐賀大学 非常勤講師

2017年~ 日本健康創造研究会 (JHC) 会長

2018年~ 早稲田大学 理工学術院総合研究所 招聘研究員

2018年~ ウイスコンシン医科大学 名誉教授